CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 溶岩にタッチ | main | ハワイから帰国 >>
12月25日
昨日の流れる溶岩ツアーは皆と一緒でしたが、今日は再び単独行動になりました。
午前中はとりあえずボルケーノのキラウェア・イキに向い、ライモンのリクエストでペレーズティア(ペレーさんの涙)を探すことに。

小雨の中、一生懸命に探します。
ミュージアムでお勉強してきたので、物が分かるそうです。


噴火の際に涙型にマグマが固まったもの。


1時間ほど遊んだ後、一日早く帰る旦那君を空港まで送りに行った。
そのとき、エアフォースワンらしきものをライモンが発見。
警備もいつもよりピリピリしていて、どうやら本物らしい。
そんなに近くまでは寄れなかったです。


今日は25日のクリスマスでスーパーなどはしまっているものも多く
営業していても時間が短い。
とりあえず、夕食用の買い物を済ませました。
会員カードを持っているSAFEWAY。
ここのお店のはアラスカで作りました。
今回はmaikaiの会員にもなりました。


そして、再びボルケーノを経由して(雨のビジターセンター)
プナルウのブラックサンドビーチへ。
この砂浜は真っ黒の砂なのです。
そして、ウミガメをみることができることで有名です。

行ってみたならば、いました!
ウミガメを保護するために、4.5m以内に近づくことが禁止されています。


ウミガメを見たら、砂遊びのライモン。
のんびり遊んでみました。
夕暮れが近づいたので、再びボルケーノへ。


火映を再び見て帰ることにしました。
ハレマウマウ火口の火映。
昼間よりも日暮の方がよく見えます。

三脚をセットしていると、見慣れた集団に遭遇。お仲間です。
しばらく、撮影会。
闇に包まれると、さらにきれいに光ります。


ライモンも自分のデジカメを駆使して撮影していました。
迫力ある写真が撮れました。(ライモン撮影)
日本で説明書などをメーカーのサイトから選んで読んでいたそうです。
驚きです。


ホテルに戻り、お仲間さんとクリスマスパーティーをしました。
町に戻った時間ではお店がほとんど閉まっていたので
買っておいた食材が役に立ちました。
ライモンは自分の食べる分を皆に分けることを
「最後にみんなで集まることができて良かったね」と言ってくれました。
3日間しか一緒ではなかったけれど(実質1日)
お友だちができたのが楽しかったようです。
(こんなこともあろうかと、少し多めに買っておいたのです。)


ライモンは寝るときには自分から日記を書き
「今日は本当に楽しかった。カメ見られると思ってなかったもんなぁ~。」
と、言いながらベッドに入りました。

明日の朝には帰路に着きます。
最終日を十分に楽しむことができて良かったです。



| 2012 Dec.ハワイ | 23:43 | - | - |