CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ライモンの大冒険 決意編
私の夢の一つが
「私が見た素敵なものを家族に見せること・一緒に体験すること」
です。

私は学生時代に色々な経験をさせてもらいました。
感動したことやもう一度見たいって思うことは自然科学的なことが多いのだけれど
・オーロラ
・流れる溶岩
・宝石の砂浜
・英国の自然史博物館
・鉱物採集
・断層見学
・流星
これらはライモンと旦那にも見せたいなぁって思ってる。

だから、流星群がピークですとか情報を得ると夜中でもライモンと一緒に出かけてしまう。

色々なタイミングを考えて、来月、オーロラを見に連れて行くことにしたの。
アラスカのフェアバンクス。
私がかつて一人旅で出かけたところ。
正直、今考えると、一人でよく出かけたな〜と思う。
インターネットで宿探して、アポとって、知る人なんて一人もいないのに。
「オーロラを見に行く!」と言い出した私に
かつて彼だった旦那はソレルのブーツをプレゼントしてくれた。
プレゼントしてもらったら、ますます行かねばならない!的な感じだったかもしれない。

今回は知り合いがいる。
かつての旅行でお世話になったおじいちゃん。
私が家族を連れて行くことを楽しみにしてくれている。

ライモンにとっては何時間も飛行機に乗る、氷点下の世界で過ごす。
立派な冒険だ。
英語だってどうだろう?
心配がないわけではないけれど、今でしかできないことは今やらないと。
物事にはタイミングってものがあるからね。

さあ、冬用品を引っ張り出さなくちゃ!
| 2007 Nov. アラスカ | 19:29 | - | - |
ライモンの大冒険 迷い編
大変です。
アラスカのおじいちゃんの奥さん(おばあちゃん?)が手術するという連絡。
アラスカ訪問と時期が重なるため、ごめんねというメール。

滞在先はどこでもいいんだ。今から探せばいいんだから。
でも、奥さん心配だよ。
おじいちゃんに会うのが目的だから、それも残念で仕方ありません。

どうしよう?
行く?中止にする?
そんなことを昨夜から家族会議。
でもね、休みもなかなか取れないし、航空券のキャンセルは高いからね...
格安航空券だと日程変更もできない。

おじいちゃんは奥さんに付き添ってシアトルにしばらく滞在するらしい。
ちょうど、アラスカに向かう途中でシアトルでトランジット。
10時間近く時間がある。
航空会社に確認したら、入国審査後は空港から出ることも可能。
だから、シアトル観光を予定していたけれど、これをお見舞いに変更すれば
おじいちゃんに会えるチャンスもある。
そうしょう!

という結論に達した。

あと2週間もないけれど、今から宿泊先を探さなくちゃ。
ライモンの大冒険
悩むこと迷うことが多いけれど、これも旅にあること。

以前、旦那とヨーロッパアルプス周辺で、
よく分からない村に一泊したことがある。
天気の関係で予定していた山に入れなくなったとき、
タクシーに拾われて、知らない村に止まった。
翌朝、山へのゲートが開くという情報でタクシーが迎えに来てくれて目的地に向かった。
ぼったくられた訳でもなく、安くもなく、普通の宿泊施設だったけれど
料理はべらぼーに美味しかった。
「いったいあそこはどこの村だったの?」
今でも旦那と不思議がる。
それも旅の思い出。

いろんなハプニングが旅をスパイスの利いたものにする。
そう考えればいいんだよね。

ライモンを連れて行くことは少し心配だけれど、もう5歳だし。
この歳まで待ったのは、記憶に残したいということと
体のことが心配だったから。
耳が強くないライモンは飛行機が心配。
ま、鼓膜の破れている私よりは正常かもしれないけれど
子供だからね〜。

問題は一つづつ解決していくことにします。
| 2007 Nov. アラスカ | 19:31 | - | - |
お知らせ
ただ今、ブログ準備中です。

アラスカにて現地で更新できるチャンスがあったら更新します。


※写真がきれいに見えるようにバックを黒にしましたが、
どうだろう...




| 2007 Nov. アラスカ | 18:18 | - | - |
旅のとも1

ライモンのスーツケースです。
生意気にもRIMOWAです。

彼は赤!ということだけで気に入ったんだって!

アメリカには久し振りに行くのだけど、私と旦那のスーツケースにはTSAロックが付いていません。
しかも重い(-_-;)
格安航空券で行くから重量制限も厳しいし、TSAロック付きのスーツケースも必要だからライモンのはじめてのスーツケースにはこれをセレクト。
四輪で動かしやすいし、とにかく軽い!!
私も気に入りました(^^)/


※ネットで調べて一番安いと思えるお店に問い合わせて、直接受け取りに行ってきました(足代が充分に出るだけ安かったです。)
日本の正規代理店の保証書付き。
写真はきれいに写ってないけれど、落ち着いたきれいな赤です。






| 2007 Nov. アラスカ | 18:47 | - | - |
旅のとも2

ノートは必需品です。
あと、セロハンテープも忘れない。

左側のノートは前回のアラスカ旅行のもの。
右側は今回用。

前回のノートには日記だけではなく、領収書、レシート、メモなど色々貼ってあったり、書いてあったり。
読み直して、とても役に立ちました。
細かいことって忘れちゃうっものよね。
例えばスキー場のパンフとそのときの支出も書いてあって、
あ〜、そうだった、そうだった!
と、思い出したり、
いろんな人との出会いや話した内容まで思い出しました。

その後、ヨーロッパに行った際などはファイルに綴じたけれど、
ノートに全て貼って、書き込むほうが後で振り返るにはいいみたい。
ノートはリング式のものが使いやすい。
コンパクトに書き込むことができるからね!



| 2007 Nov. アラスカ | 10:42 | - | - |
いつもの徹夜
海外に出かける前日はなぜだろう、いつも徹夜なんです。
とにかく荷物は詰めたし、どうにかなるだろか?
さぁ、いよいよ出発です。

ねむた〜い!!


| 2007 Nov. アラスカ | 06:53 | - | - |
ハイテンション

ライモンはハイテンションです。

すごく楽しいらしいです。
飛行機いっぱいあるからかな。

とりあえず、飛行機乗ります!




| 2007 Nov. アラスカ | 14:41 | - | - |
はじめての国際線
<2007.12 記>

ライモンにとってはじめての海外旅行。
ものすごいハイテンションでの出発です。

成田へ向かう首都高速はものすごい渋滞で飛行機に乗り遅れるかと心配しちゃいました。
平井大橋で本当に動かなくなったので一般道へ降りて、京葉道路に乗り換えてなんとかセーフ。
慌しく空港へ入ってきました。

NWでシアトルへ向け出発!
機内ではアニメを見てゲームをしてご機嫌なライモン。


機内食もライモンチョイスはgood!
パクパク食べてました。




| 2007 Nov. アラスカ | 15:35 | - | - |
乗り継ぎの空き時間の使い方
※すごい眠気の中で書いたので、すごいヘンテコな文章でした。
だから、書き直しました。

フェアバンクスへ行くためにはシアトルで乗り継ぎをします。
今回シアトルでの乗り継ぎには約10時間ありました。
格安航空券だから仕方ない。
シアトル観光でもしよう...なんて考えていたら、トムさんの奥さんの病院がシアトルとのこと。
フェアバンクスで会えないのなら、ここで会うしかないでしょ!
ってことで、その時間を作ってトムさんに会いに行くことにしました。
※詳細は帰国後アップします。

とにかく私たちはトムさんと再会することができました。
今回の旅の大きな目的は叶えることができました。




これをみたら、シアトル!!と思えちゃいました。



ライモンはトムさんと奥さんに会ってからしばらくは恥ずかしかったようです。
でも、すぐ慣れちゃって...
トムさんと手をつないだり、奥さんとも手をつないだりして歩いて、ご機嫌でした。(写真)

とにかく会えてよかったです。



ダイソーがあって、びっくり。
品揃えも同じような感じかな?
店先からしかのぞいてないけれどね。


詳細はまた!



| 2007 Nov. アラスカ | 23:25 | - | - |
seattle
<2007.12 記>


シアトルに到着!!
ちょっと眠そうなライモン

SEA-TAC空港で入国審査、関税を通り、その後は乗り継ぎ。
ですが、私たちには10時間あります。
荷物をチェックインし、ダウンタウンへ外出することに。

子連れ旅行は着替えやら何かと手荷物も多くなります。
手荷物は空港のbaggageに預けて($6。受け取り時に支払い)
バスでダウンタウンに向かうことに。
シアトルはレンタカーの方が色々と動けて楽しそうなのですが、
運転に自信がなくて...
とにかくトムさんに会うことができればいいので、バスを選択。
バス停に着くとちょうどダウンタウン行きがやってきました。
料金が分からなかったので、10ドル札を出すとお釣りがないと言われたので
なんとなく3ドルを出すとOKとうなづかれて、チケットらしきものを手渡された。
一人$1.5で正解らしい。
15分くらいでダウンタウン中心部に到着。
降りるときはバス内にある線?みたいなものも引っ張ると「降ります!」のサインがつく。

ダウンタウンに入るとバスは専用トンネルを走るので、地下に到着。
地上に出るとビックリ。お祭り騒ぎでした!
(サンクスギビング翌日のパレードらしい)

ディズニーランドのパレードのようなフロートやチアガールが延々と続く。
途中、チョコやキャンディーが飛んできたり、ものすごいのです。
でも、私は人混みで見ることがhard。
前にいたオジサンが「僕の前に来る?」と声をかけてくれたくらい。
ライモンは旦那の肩車でけっこう見えたみたい。
私はパレードのために遮断された道の向こう側に見えるお店で買い物がしたくてウズウズ。
渡れないから泣く泣く断念。


ショッピングモールには楽しいものがいっぱい☆


ライモンと旦那はウォーターフロントまで歩く。
私はその間、買い物♪

シアトルの町は坂道ばかり。
海まで降りてしまったから、待ち合わせの病院まではかなり坂道を歩くことに。
ライモン「もう、歩けない!」とグズグズ。
私も喘息で息がヒューヒュー鳴り出した。

トムさんと奥さんに再会。
一緒にスペースニードルへ行くことに。

みんなで展望台にエレベーターであがりました。
景色がとてもきれいでした。

階下にある遊具にライモンは心を奪われてしまって、
「ジェットコースターに乗りたい!」と騒ぐ。
でも、お休みでやっていなかったので、他の遊具に乗ることに。

座ったブランコがグルグル回るような遊具です。
一人$3.
初めはニコニコしていたライモンですが、そのうちものすごい動きに気持ち悪くなったのか
涙ボロボロ。
でも、乗れてよかったね。

その後は私の我がままで空港近くのショッピングモールへ。
サンクスギビング翌日の激混みの中、マーシャルズに連れて行ってもらい、ライモンのお洋服をクレイジーなほど購入。
だって、安いんですもの〜♪
トムさんと奥さんは私の親に間違われレジの人に「娘がこんなに買い物していいのか?」なんて冗談言われてました。
ははは...いいんですぅ☆


搭乗時間1時間前にギリギリ空港へ送ってもらう。
セキュリティチェックは日本より厳しく、帽子、靴まで脱がされました。









| 2007 Nov. アラスカ | 23:50 | - | - |
| 1/3PAGES | >>