CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ハワイから帰国
無事、帰国しました。
帰りの便は全く揺れなかった。
だから、ライモンも私も気分悪くなく過ごすことができました♪




| 2012 Dec.ハワイ | 22:49 | comments(3) | - |
12月25日
昨日の流れる溶岩ツアーは皆と一緒でしたが、今日は再び単独行動になりました。
午前中はとりあえずボルケーノのキラウェア・イキに向い、ライモンのリクエストでペレーズティア(ペレーさんの涙)を探すことに。

小雨の中、一生懸命に探します。
ミュージアムでお勉強してきたので、物が分かるそうです。


噴火の際に涙型にマグマが固まったもの。


1時間ほど遊んだ後、一日早く帰る旦那君を空港まで送りに行った。
そのとき、エアフォースワンらしきものをライモンが発見。
警備もいつもよりピリピリしていて、どうやら本物らしい。
そんなに近くまでは寄れなかったです。


今日は25日のクリスマスでスーパーなどはしまっているものも多く
営業していても時間が短い。
とりあえず、夕食用の買い物を済ませました。
会員カードを持っているSAFEWAY。
ここのお店のはアラスカで作りました。
今回はmaikaiの会員にもなりました。


そして、再びボルケーノを経由して(雨のビジターセンター)
プナルウのブラックサンドビーチへ。
この砂浜は真っ黒の砂なのです。
そして、ウミガメをみることができることで有名です。

行ってみたならば、いました!
ウミガメを保護するために、4.5m以内に近づくことが禁止されています。


ウミガメを見たら、砂遊びのライモン。
のんびり遊んでみました。
夕暮れが近づいたので、再びボルケーノへ。


火映を再び見て帰ることにしました。
ハレマウマウ火口の火映。
昼間よりも日暮の方がよく見えます。

三脚をセットしていると、見慣れた集団に遭遇。お仲間です。
しばらく、撮影会。
闇に包まれると、さらにきれいに光ります。


ライモンも自分のデジカメを駆使して撮影していました。
迫力ある写真が撮れました。(ライモン撮影)
日本で説明書などをメーカーのサイトから選んで読んでいたそうです。
驚きです。


ホテルに戻り、お仲間さんとクリスマスパーティーをしました。
町に戻った時間ではお店がほとんど閉まっていたので
買っておいた食材が役に立ちました。
ライモンは自分の食べる分を皆に分けることを
「最後にみんなで集まることができて良かったね」と言ってくれました。
3日間しか一緒ではなかったけれど(実質1日)
お友だちができたのが楽しかったようです。
(こんなこともあろうかと、少し多めに買っておいたのです。)


ライモンは寝るときには自分から日記を書き
「今日は本当に楽しかった。カメ見られると思ってなかったもんなぁ~。」
と、言いながらベッドに入りました。

明日の朝には帰路に着きます。
最終日を十分に楽しむことができて良かったです。



| 2012 Dec.ハワイ | 23:43 | - | - |
溶岩にタッチ
今日はカラパナに出かけました。
流れる溶岩を見るためです。
こんなところを1時間半くらい歩きます。
今日は雨でした。
でも、負けずに歩くよ。

楽しく歩いていたけれど、この後ライモンは転んでしまって
左腕を負傷。
溶岩は鋭いので、傷が数か所。
少し深い傷もあって、その場で引き返そうかと思ったのですが
行きたいと言うので、止血しながら様子をみる。
血が止まったので、皆に後から合流。


やっと到着。
ライモンは旦那君と一緒に熱い溶岩をシャベルですくう。
溶岩は1000℃くらいあります。
近くにいるだけで熱いです。


取ったよ~♪


きれいな流れです。


記念写真☆
素敵なクリスマスイブでした♪





| 2012 Dec.ハワイ | 22:04 | - | - |
12月23日
朝起きて朝食前に海に行きました。
アハラヌイ・パークという温泉が湧いているところです。
海水とまじりあって、30℃くらいでしょうか。
後ろに荒い波が見えるでしょうか?




二人ともご機嫌に泳いでいます。
魚もいるのです。
熱帯魚と一緒に温泉です。

(ライモン撮影)


お寝坊のライモンでも「泳ぎに行くよ!」の声にはすぐに起きました。
だから、夜が明けてすぐ泳ぐことができました。
ライモンはお気に入りのデジカメで泳いでいる魚を水中撮影していました。
なかなかいい具合に撮れていました。
B&Bに戻って、シャワーを浴びて朝食をいただきました。


B&Bをチェックアウトして、Lava Tree(溶岩樹形)の公園へ。

 

ライモンの隣りが溶岩樹形です。
ここは約200年前に溶岩が流れたところです。
溶岩が木を巻き込みながら流れ、木の跡が残っているのです。


木の跡、円形の穴が見えます。



200年も経つと、木も育つようですね。
大きな大きな木の森でもあります。


次に、ボルケーノへ。

Lava Tube(溶岩トンネル)へ。
かつて、溶岩が流れた跡です。


ここはキラウェアの観光スポットなので、バスでたくさん人がやってきます。
日本人観光客も多く、ガイドさんの話が聞こえてきます。
中には「?」と思う説明をしている人もいます。
今日はけっこうひどく、ライモンまでが「それは間違っているよね」と小声で言うほど。



キラウェア・イキ火口からハレマウマウの火口を見てみます。
今日も噴煙が出ていますね。
当たり前か...


そのまま海に向かってChain Of Crater RD. に車を走らせました。
途中で、車を止めて、採集開始です。


この毛のようなものが目的です。
Pele's hairと言います。
”ペレーの毛”とも言います。
ぺレーとは火山の女神です。

この他にレテュキライトも採取しました。
このような吹き溜まりをよく観察して探すのですが、ライモンは見つけるのが早くて
楽しんでいました。



ヒロに戻り、今回一緒に溶岩タッチを目指す皆さんと合流しました。
お夕食はレストランで♪

大きなステーキににっこりのライモン。

これ。美味しかったなぁ。

驚いたことは、ライモンのこと。
「トイレ行ってくる。」と自分でさっさと行ってしまう。
トイレは暗証番号式だから、店員さんに聞かなくてはいけないのだけれど
尋ねて、番号を聞き取ることができるらしい。
「トイレ、開かないんだよね。」と一度戻ってきたが
「も一度聞いてくる!」と行ってしまった。
聞いた番号は合っていたが、ボタンの押し方がよくなかったそうだ。
レンタカーに続き、会話できてるの?と不思議に思ってしまった。
でも、目的を達成しているから、会話ができているのね、きっと。



| 2012 Dec.ハワイ | 23:22 | - | - |
12月22日
朝食の前にB&Bのお庭を散歩。
ちょっとした植物園です。
蘭が色んな所に咲いています。


まず、キラウェアカルデラにあるジャガーミュージアムに今日も行きました。

ここからは、ハレマウマウという火口をすぐ近くに見ることができます。
昨日より、活発な感じがします。



次にハワイ島のサウスポイントに向け、出発。
ナーレフの町でプナルーベイクショップに寄ってランチを調達。


サウスポイントに続く道です。
ここは悪路なので、保険外です。
慎重に進みます。
風が強いので、木が横向きになってしまっています。


どのくらい強いのかというと
風車がたくさん設置されるくらいです。

サウスポイントに到着。
このお魚を引き上げるようなところで皆が記念写真を撮っています。
でも、スマホで位置を確認すると、もっと南があります。
そちらの方には灯台が見えました。

行くしかないでしょ。と、二人。
どんどん歩いて行ってしまいます。

ハワイの最南端ということは、U.S.Aの最南端です。
波が荒いよ。
もっと南はあるけれど、簡単に行けるのはこの辺まで。
と、いうことで、荒い海を見ている二人。

続いて、近くにあるグリーンサンドビーチへハイキング。
このような道を1時間ほど歩きます。
風が強く、砂が吹き荒れています。
ライモンはがんばって歩きました♪


やっと、グリーンサンドビーチに到着。
その名の通り、砂がグリーンです。
8月の誕生石ペリドットの砂です。
このあたりの玄武岩にはペリドットが多く含まれており、この入り江に細かい砂として集まっています。
一昔前は自由に砂を持ち帰っていましたが、今は持ち帰るのを見つかると$500の罰金だそうです。
だから、諦めました。


とりあえず、水遊びするライモン。
私は泳ぐことに興味がないので、全然気にしなかったのですが
泳げることをライモンと旦那君に伝えていませんでした。
だから二人とも水着を持っていかなかった。
泳ぎたかったのに!!と大ブーイングでした。
え?そうなの?私は緑色の砂浜を見るだけでいいのかと思ったよ。

帰路も1時間ほど。
途中、ペリドットの多く含まれている玄武岩質溶岩を採取にはげみました。
だから、日暮ギリギリ。

行き帰りにオフロード車に乗ってく?と声をかけられました。
歩くのが嫌な人向けにオフロード車の送迎ビジネスをしている地元の人がいるようです。


真っ暗になってしまったので、ブラックサンドビーチには寄れませんでした。
残念!
実際には寄ってみたけれど、真っ暗で何も見えす。
こちらは真っ黒な砂浜なのです。


B&Bに戻る途中でキラウェアのハレマウマウに寄って火映の見学。
昼間とは違って、噴火してるぅって感じがよく分かります。



| 2012 Dec.ハワイ | 23:41 | - | - |
| 1/13PAGES | >>